ここから本文です

ユーヴェ移籍報道のピアニッチ、注目の去就は…ローマ会長が言及

SOCCER KING 6月7日(火)17時8分配信

 ローマのジェームズ・パロッタ会長が、移籍報道の渦中にある2選手について言及した。大手メディア『ESPN』がコメントを伝えている。

 パロッタ会長が言及したのは、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチの去就について。ナインゴランはチェルシー、ピアニッチにはユヴェントスからの関心が報じられている。

 パロッタ会長は「ナインゴランはどのクラブにも移ることはない」と残留を明言。一方、ピアニッチについては「彼は残るよ。ただ、契約破棄金を支払うクラブが現れることになれば、彼に関してはどうすることもできない。これは我々の問題ではない。ピアニッチとは契約を結んでいるが、契約破棄金も契約に含まれているんだ」と説明し、去就が不透明であることを明かした。

 ナインゴランは1988年生まれの28歳。ピアチェンツァの下部組織出身で、2007年にトップチームへ昇格した。2010年にカリアリへ移籍し、2014年1月にローマへレンタル移籍。同年6月に完全移籍に移行し、現在に至る。今シーズンはセリエAで35試合出場6ゴールを記録した。

 ピアニッチは1990年生まれの26歳。フランス・メスの下部組織出身で、2007年に同クラブのトップチームデビューを果たした。2008年にリヨン、2011年夏にローマに移籍した。今シーズンはセリエAで33試合に出場、チーム2位の10ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月7日(火)17時16分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。