ここから本文です

逆転負けを悔やむ清武、先制点も「結果を出さないと意味がない」

SOCCER KING 6月7日(火)22時3分配信

「結果を出さないと意味が無い」。この日、先制点を挙げた清武弘嗣(ハノーファー)だが、逆転負けを喫したことで悔しさを滲ませた。

 日本代表は7日に行われたキリンカップサッカー2016決勝でボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表と対戦。開始28分に左サイドの宇佐美貴史(ガンバ大阪)からの折り返しを清武が合わせて先制に成功した。しかし直後の29分、FWミラン・ジュリッチにこぼれ球を押しこまれて同点とされると、66分にも再びジュリッチに決められて、1-2の逆転負けを喫した。

 この試合は、MF香川真司(ドルトムント)とFW本田圭佑(ミラン)の両エースを負傷で欠いた。先発出場で先制点を挙げ、奮闘した清武だが、試合後のインタビューで「こういう時(本田と香川が不在時)に結果を出さないと意味がない。ただただ残念な気持ちでいっぱいです」と悔しさを滲ませた。先制点を奪った前半ついては、「左サイドでうまく崩せた」とするが、「もう一点取れるチャンスもあった。本当に悔しいです」と振り返った。

 日本代表は9月1日行われるUAE戦で、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の初戦を迎える。清武は「大事な試合が続くんですけど、このままではダメだと思うので、しっかりレベルアップできるようにやっていきたい」と成長を誓った。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)1時9分

SOCCER KING