ここから本文です

バーディ、土壇場で残留か?レスター新契約提示で急展開も

ゲキサカ 6月7日(火)11時22分配信

 レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・バーディが一転して残留する可能性が出てきた。英『ミラー』が伝えている。レスター側が新契約を提示したことで事態は急転するかもしれない。

 同紙によると、アーセナルはバーディへ週給12万ポンド(約1800万円)前後の4年契約を提示。これを受けてレスターは、2月に契約した数字の倍に値する週給10万ポンド(約1500万円)の新契約をバーディに示したという。

 レスターが新契約を提示した影響からか、6日までにアーセナルへ返事すると約束していたバーディだったが、その後に連絡はなく。アーセナル関係者は不安視しているようだ。

 なお、レスターのMFアンディ・キングは、チームメイト全員がバーディを引き止めにかかっていると明かした。

 バーディを引き止めているのか?と問われたキングは「ああ、もちろんだ。みんな、素晴らしい選手には残って欲しいと思っている。そこからチームをつくっていくわけだからね。だけど最終的に決めるのは彼自身だ」とコメント。

「驚いたかって?いや、そうは思わない。僕らは今シーズン、みんな素晴らしい活躍をしていた。ビッグクラブと噂になっても不思議じゃない」

「レスターにとって、出入りの激しいシーズンになるだろう。まだなにも起こっていないけど、長い移籍期間になるはずだ」と小クラブの“宿命”を受け入れたキング。

「チームには25人いる。もしその中の1人か2人、チームから出たがっている人がいたら、僕らも彼らのベストを祈るさ。だけど最高級の選手には残って欲しいと思っているし、そういうレベルの選手ががまた新しく入ってくれたら嬉しいよ」と胸中を明かした。

最終更新:6月7日(火)11時22分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]