ここから本文です

清武先制点も逆転負け…吹田初の代表戦は黒星でキリン杯準優勝

ゲキサカ 6月7日(火)21時26分配信

[6.7 キリン杯決勝 日本1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ 吹田S]

 キリン杯は7日、市立吹田サッカースタジアムで決勝を行い、日本代表はボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦し、1-2で敗れた。前半28分にMF清武弘嗣のゴールで先制した日本だが、1分後に追いつかれると、後半21分に2失点目。逆転負けで吹田での初の代表戦を勝利で飾れず、準優勝に終わった。

 日本は故障を抱えるFW本田圭佑とMF香川真司が欠場。FW浅野拓磨が国際Aマッチ出場5試合目で初先発を飾り、右サイドに入った。トップ下は清武で、左サイドは代表戦初開催の吹田スタジアムを本拠地としているFW宇佐美貴史。GK西川周作、DF酒井高徳も国際Aマッチ2試合ぶりに先発した。

 スタメンの平均身長186.8cmという大型軍団のボスニア・ヘルツェゴビナがいきなりその高さを見せつけた。前半2分、ハーフウェーラインを越えたあたりからMFハリス・メドゥニャニンがロングFKをゴール前に放り込むと、198cmの長身FWミラン・ジュリッチがDF森重真人に競り勝ち、ヘディングシュート。枠を捉えていたが、ここは西川が何とか弾き、ピンチをしのいだ。

 日本は前半3分、清武のパスからDF長友佑都が左サイドをオーバーラップ。クロスボールに浅野が頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたが、長友の位置がオフサイドだった。同12分にはセカンドボールを拾った宇佐美がPA手前から右足でミドルシュートを狙うが、GKがセーブ。同15分、宇佐美がマイナスに戻したボールをMF長谷部誠がワンタッチで縦に入れ、PA内でフリーの清武が受けたが、清武の右足から放たれた渾身のシュートはGKの手をかすめてクロスバーを直撃し、惜しくも先制点とはならなかった。

 試合が動いたのは前半28分。左サイドでボールを受けた宇佐美がドリブルで仕掛け、外側をオーバーラップした長友の動きをおとりに使って中に切れ込むと、ゴールライン際からマイナスに折り返したボールを清武が左足で流し込んだ。清武の3試合ぶり国際Aマッチ3ゴール目で先制した日本だったが、その1分後に追いつかれた。

 ボスニアは前半29分、後方からのMFマリオ・ブランチッチの浮き球パスをFWアルミン・ホジッチがヘディングシュート。西川が弾いたこぼれ球をジュリッチが右足で蹴り込み、1-1の同点に追いついた。日本は得点直後で集中を欠いたか、ブランチッチへの寄せも甘く、ホジッチにも簡単に裏を取られてしまった。

 日本は前半45分、MF柏木陽介の縦パスを長友がワンタッチで流し、左サイドを駆け上がった宇佐美が受ける。PA内へ切れ込み、鋭い切り返しで縦に抜けると、グラウンダーのクロスを入れたが、GKにセーブされた。ボスニアは前半アディショナルタイム、メドゥニャニンが左足で狙った直接FKがクロスバーを直撃。互いに前半終了間際の好機を生かせず、1-1で前半を折り返した。

 日本は後半開始から柏木に代えてMF遠藤航を投入。試合は一転して膠着状態に入り、互いになかなかチャンスをつくれない。ボスニアは後半21分、MFハリス・ドゥリェビッチに代えてMFミロスラフ・ステバノビッチを投入すると、そのファーストプレーだった。メドゥニャニンのリスタートから交代で入ったばかりのステバノビッチがフリーでボールを受け、ゴール前にスルーパス。PA内に走り込んだジュリッチが右足でゴールに流し込み、2-1と逆転した。

 1点を追う展開となった日本は後半25分、長友に代わってDF槙野智章が左サイドバックに入る。同29分には宇佐美に代えて代表初選出のMF小林祐希を投入。A代表デビューとなった小林祐はそのまま左サイドに入った。ピッチを幅広く動き、積極的にボールを呼び込む小林祐は後半33分、左足でロングシュートを狙うが、大きく枠外。後半34分にはFW岡崎慎司に代わってFW金崎夢生がピッチに入った。

 何とか同点に追いつきたい日本は後半43分、長谷部に代えてFW小林悠を投入。遠藤のワンボランチで、金崎と小林悠が2トップを組む4-4-2にシステムを変更し、最後の反撃に出た。しかし、後半アディショナルタイムの4分間でもゴールを奪えず、1-2のままタイムアップ。3万5589人が詰めかけた吹田スタジアムでの代表初戦を勝利で飾ることはできなかった。

最終更新:6月8日(水)4時30分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]