ここから本文です

PSA、1.2L 3気筒ターボエンジンが「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続受賞

オートックワン 6月7日(火)15時14分配信

2016年6月1日にドイツ・シュトゥットガルトで開かれた第18回インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イ ヤー受賞式において、PSAグループ開発の1.2リッターPureTech 3気筒ターボ付きガソリンエンジンが、世界各国のモータージャーナリストから成る審査委員会により、1.0~1.4リッター部門の「インターナショナル・エンジ ン・オブ・ザ・イヤー 2016」に選出された。

このニュースのフォトギャラリー

フランス・ドゥヴランのフランセーズ・ド・メカニーク工場で生産されているこのエンジンは、これまでも多数の受賞実績があり、今回は2度目の受賞となる。

3気筒ガソリンエンジンを搭載した各モデルの好調な販売を背景に、PSAグループはガソリン車の増産を進めるべく、PureTechターボエンジンの生産能力を上げることを決定した。ドゥヴラン工場では2014年以降、37万台近くの同エンジンを生産しているが、フランス東部のトレメリー工場においてガソリンエンジンの生産を増強することで、全体の生産能力を2018年までに年間67万台に引き上げる予定となる。

120もの特許取得技術が盛り込まれたPureTech 3気筒ターボ付きガソリンエンジンは、先代の4気筒ガソリンエンジンと比べ燃料消費、CO2排出量ともに18%の削減を実現した。

同エンジンは燃料効率の記録を2つ樹立している。1つめは2014年にマニュアル車を使用してヨーロッパで達成し、2つめは2016年に中国においてオートマチック車で達成した。給油なしで1,878km走行し、実燃費34.1km/Lという新記録を出した。

同エンジンは優れた乗り心地を提供するエンジンの一つであり、低速走行でも変わらない。最大出力130馬力、最大トルク230Nmと、低速時の性能とパワーのバランスも優れている。1.2リッターPureTech 110馬力エンジンおよび1.2リッターPureTech 130馬力エンジンは、BおよびCセグメントの車両に搭載されている。

2014年3月にシトロエン C4ピカソおよびプジョー 308への搭載でデビューしたPureTechエンジンは、2016年5月23日発表の新型プジョー 3008を含め、世界で60以上のPSAグループのモデルに搭載されている。

なお、日本市場では、プジョー 208 / 2008 / 308、シトロエン C4、DS 3に当該エンジンを搭載している。

アワードの受賞を受け、PSAグループのクリスチャン・シャペル氏(パワートレイン&シャシーエンジニアリング部門 ヴァイスプレジデント)は、「当社は高い技術力を生かし、エンジンの高品質なパフォーマンスと環境対策を両立させるために努力を重ねて参りました。それらが2年連続の受賞に繋がりました。」と述べた。

最終更新:6月7日(火)15時14分

オートックワン