ここから本文です

あの時の自分へ「仲間と過ごした時間は財産」~原江里菜

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月8日(水)7時48分配信

プロゴルファーになるためには今なにをしたらいいですか? ジュニアのレッスン会に参加した多くのプロたちが直面する、よくある質問のひとつだ。将来への希望や期待が大きいほど、少年少女の悩みや不安は大きくなるもの。いつだって先人の話は救いになる。ジュニア時代から華々しい活躍を見せてきた原江里菜に「あの時の自分へ」というテーマで、自身のゴルフ少女時代を振り返ってもらった。

笑顔のプレーが魅力!原江里菜のフォトギャラリー

「アドバイスできるとしたら、トレーニングをしっかりしておくことと、英語をもっと勉強しておきなさいっていうことですかね…」。話を聞いたのは、1日36ホールの日本予選を勝ち抜き、自身初となる海外女子メジャー「全米女子オープン」(7月7日開幕、コーデバル=カリフォルニア州)出場を決めた直後。原の話がそこから始まったのも無理はない。

かねてから語っていた米ツアー進出という将来の夢。「挑戦する時期が来たら…」と機をうかがい続けてプロ生活も10年目に入った。2009年の「エビアンマスターズ」、2012、14年の「全英女子オープン」など海外での試合も経験してきたが、そのたび“語学力”と“基礎体力”の問題に直面している。

「高校時代は特に(自由な)時間があった。夕方6時に練習を終えて、就寝まではもっと有意義に使えたはず。でも当時は部屋でゴルフの話、友達の話に明け暮れて・・・それでも、いま振り返れば、仲間と過ごした時間は貴重で幸せだったかな」

少しの後悔はあっても、決して、無駄な時間を過ごしてきたとも思っていない。愛知県豊田市の実家を離れて入学した東北高(宮城)時代は寮生活。切磋琢磨しあった時間、そして仲間の存在については「わたしの一生の財産」と断言する。

寮には、2学年上の最上級生には宮里藍、そして同学年には有村智恵らがいて苦楽を共にした。「雲の上の存在だった」という宮里が高校3年でプロツアーを勝った際の衝撃はいまも鮮烈だ。「同じ土俵に上がれるのか」と気後れも感じながら、可能性を体現してみせた先輩の背中を夢中で追いかけた。だから同い年の有村には「絶対に負けたくなかった」。強いライバル心を練習のモチベーションとした。

出場したジュニア大会でもライバルは多かった。高校2年時に出場した2004年「全国高等学校ゴルフ選手権」では、すでにプロツアーで優勝争いを見せるなど当時圧倒的な強さを誇っていた1学年上の諸見里しのぶに競り勝ち、逆転で優勝を果たした。「自分もプロになれるかもって。プロの世界で通用していた選手に勝ったっていう事実が、手応えになったのは確かです」。それまで漠然と描いていたプロゴルファーへの道筋を明確にした出来事だった。

「本当に素晴らしい人たちに囲まれていた。自分が目指すべき姿を示し続けてくれた人たちが、そばにいてくれて良かったなと思う。今振り返れば、こうしていれば良かったということもあるけど、それでも自分の過ごしてきた時間は間違っていなかったと、胸を張って言えますね」

プロ転向後は2008年の国内女子ツアー初優勝から、昨年のツアー2勝目まで約7年の時間を要した。そんな原の感謝の言葉には、揺るぎない実感がこもっていた。後悔先に立たず――とは言うけれど、その時、そのタイミングでしか得られない何かもきっとあるのだ。(編集部・糸井順子)

最終更新:6月8日(水)12時57分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]