ここから本文です

『レイジング・ブル』のテレサ・サルダナが死去

ぴあ映画生活 6月8日(水)10時15分配信

『レイジング・ブル』(1980年)でジョー・ペシの妻を演じたテレサ・サルダナが亡くなった。61歳だった。L.A.の病院に入院していたということだが、死因はわかっていない。

その他の情報

サルダナは、ロバート・ゼメキス監督の『抱きしめたい』(1978年)で注目され、翌年のアクション映画『摩天楼ブルース』にも出演した。『レイジング・ブル』は、8部門でオスカーにノンミネートされるなど、高い評価を得る。

しかし、1982年3月にウエストハリウッドの自宅の外で、ストーカーのファンに刃物で刺され、瀕死の重体となる。この男性は、精神を患っていた。回復後は、被害者のための団体を設立したり、反ストーカー法の成立のため尽力したりしている。近年は『The Commish』など、主にテレビで活躍していた。

文:猿渡由紀

最終更新:6月8日(水)10時15分

ぴあ映画生活