ここから本文です

コブクロ 10日放送のMステで「桜」「未来」の2曲をアコースティックバージョンで披露

エキサイトミュージック 6月8日(水)6時15分配信

6月10日(金)放送の『ミュージックステーション』に出演するコブクロが、演奏曲「未来」に加えて、2005年11月リリースの大ヒット曲「桜」を披露することが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「未来」は2015年12月に発表されたコブクロの27枚目のシングル。映画『orange-オレンジ-』のための書き下ろし主題歌で、大きな幹から枝分かれしていく未来をイメージして作られたメッセージ性の強いバラード曲。10年後の自分から手紙が届くという映画のストーリーになぞらえ、『未来』のCDジャケットには、コブクロが10年前にリリースした『桜』のジャケットデザインがモチーフとして用いられたことでも話題となった。

10年という時をつなぐ「桜」と「未来」の2曲をコブクロがテレビで連続演奏するのは、今回がテレビ初。演出はコブクロの美しいハーモニーを堪能できるアコースティックバージョンに決定。コブクロの世界観をライブ演奏で味わえる貴重な機会をお見逃しなく。

≪番組情報≫
テレビ朝日系列
『ミュージックステーション』
放送日時:2016年6月10日(金)よる8時~8時54分
MC:タモリ、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
出演予定アーティスト(※50音順): 「演奏予定楽曲」
大原櫻子 「大好き」
コブクロ 「桜」「未来」
斉藤和義 「マディウォーター」
乃木坂46 「きっかけ」
V6 「Beautiful World」
Flower 「やさしさで溢れるように」

最終更新:6月9日(木)5時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。