ここから本文です

藤田菜七子が新馬戦初騎乗、「気をつけなければならないことが多い」

netkeiba.com 6月8日(水)17時24分配信

 6月12日(日)、藤田菜七子騎手が東京5R(芝1800m)で初めての新馬戦に挑む。騎乗馬は所属する根本康広厩舎のエーブルーティン(牡2)。父がシンボリクリスエスで 母はフラワーパフューム、伯母にビワハイジ、従姉にブエナビスタという名牝のいる血統だ。

 今日は藤田騎手が手綱を取り、デビュー戦に向けて坂路で併せ馬の追い切りを消化した。同馬の感触について、追い切り後の藤田騎手のコメント。

「ストライドがとても大きな馬です。パワー型という感じで、シンボリクリスエスらしい感じがします。この馬には普段の調教も、毎週の追い切りにも乗せてもらっていますが、今日の動きも良かったです。新馬は物見をしないようになど、気をつけなければならないことが多いですね。東京の広いコースも合いそうですし、頑張りたいと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月8日(水)17時24分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ