ここから本文です

コブクロ、初の視聴会イベントでアルバムについて語り尽くす

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月8日(水)8時24分配信

6月15日に、2年半ぶりのアルバム『TIMELESS WORLD』のリリースを控えるコブクロが、スペシャル視聴会を開催した。

「音楽」を「聴く」という原点に立ち返るようなこの企画は、コブクロの今回のアルバムへの意気込みが含まれたもの。より深くシンプルに作品の良さを伝えるため、当選したラッキーなファン80人を集め、まだどこでも話していないアルバムの制作過程、秘話に加え、楽曲それぞれの個性や魅力を紐解いていく内容となった。

イベントは、東京タワーでのLINE LIVEのときと同様、楽屋からの中継で始まり、アルバム曲の中からコミックス原作の映画「orange-オレンジ-」の主題歌だった大ヒット曲の「未来」と、まだどこでも披露したことのないアルバム楽曲「STAGE」が初披露された。

併せて、アルバムのTV SPOTも初解禁されるなど、様々な「初」の要素が満載のイベントとなった。続けて、ミュージックビデオを織り交ぜつつ、アルバムの制作秘話をコブクロ自身が語りつくすというレアなコーナーに。

1曲目の「hana」では、「青春時代の気持ちのスピード感を思い、心の中で支えてくれた人たちを思って歌った曲」、「陽だまりの道」では、「休暇でロンドンの布袋さんの家へホームステイして、帰ってきた際に、人生は旅なんだな、と感じた」と小渕は話す。

3曲目の「奇跡」では、「命を前向きに書きたくて完成した曲」など、それぞれの楽曲に対する思いを語り、最後の「未来」では、「今まで感じていたけれど、言葉にならなかったことがたくさん出てきた曲。そして、アルバムラストの<STAGE>で10年先をパッと思い浮かべられたのはうれしかった。ファンの方がいてくれたから、道があった。歌詞にあるように、10年先を思えるのは本当に幸せ」とファンへの感謝を語った。

本編最後のLINE LIVEコメント紹介、質疑応答のコーナーでは、ファンからの「10年後の自分に向けて、どんなことを伝えたいですか」という質問に、黒田は「パルクールをすごくやりたい! 元々、武術とかが好きなので、暴漢に襲われても対処できるようになりたい!」と語り、小渕は「フルマラソンをまだ走っていたい。少しずつタイムを縮めていけたらいい」と2人の個性溢れる回答で、ファンは大いに盛り上がった。

エンディングでは、黒田が、事務所の社長のモノマネを織り交ぜながら、「アルバムを聴いてください!」とコミカルにイベントを締めくくり、音楽が心底好きなコブクロらしい、ファンにはたまらない視聴会となった。

イベント情報
コブクロ ニューアルバム「TIMELESS WORLD」 発売記念フリーライブin 松本城
06/14(火) 長野・国宝 松本城 本丸庭園

リリース情報
2016.06.15 ON SALE
ALBUM『TIMELESS WORLD』

ニューアルバム『TIMELESS WORLD』特設サイト
http://emtg.jp/r/timeless_world/wmj_tr/20160420/

コブクロ オフィシャルサイト
http://kobukuro.com/

最終更新:6月8日(水)8時24分

M-ON!Press(エムオンプレス)