ここから本文です

浦井健治、初のソロ・アルバム『Wonderland』をリリース

CDジャーナル 6月8日(水)18時34分配信

浦井健治、初のソロ・アルバム『Wonderland』をリリース

浦井健治、初のソロ・アルバム『Wonderland』をリリース

 ミュージカルなど舞台作品での活躍で広く知られ、近年ではTVドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、配信ドラマ『ニーチェ先生』などにも出演しその人気を不動のものとしている俳優・浦井健治。今年でデビュー15周年となる彼が初のソロ・アルバム『Wonderland(ワンダーランド)』を8月3日(水)にリリースします。収録内容など詳細は随時発表とのこと。

 アルバムと同時期にキネマ旬報社より初のオフィシャル・ブックの発売も決定した浦井は、9月にこちらも初の挑戦となるソロ・コンサート〈KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~〉を東京国際フォーラム・ホールAで開催。構成・演出はこれまで浦井と多くの作品を共にしている荻田浩一がつとめ、音楽監督はかみむら周平、ゲスト・ヴォーカルにAKANE LIV、照井裕隆、ダンサーとして加賀谷真聡と、豪華スタッフ&キャストを迎えることが決定しています。

最終更新:6月8日(水)18時34分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。