ここから本文です

東京デュオ“てぬぐい”6年ぶり新作「わらえないうそ わらっちゃうほんとう」をリリース

CDジャーナル 6月8日(水)19時0分配信

 シネルパへの参加でも知られる伊藤啄矢(vo, g)と、イラストレーターや雑貨作家“trill”としても活躍するユカワアツコ(vo, acc)によるデュオ“てぬぐい”が、2010年の1stフル・アルバム『ki ki nashi』以来6年ぶりとなる新録音源「わらえないうそ わらっちゃうほんとう」(SD07-006 1,200円 + 税)を7inchヴァイナルでリリース。4月より全国の取扱店での販売が順次スタートしています。

 スティールパン奏者・mangnengをゲストに迎えて制作された同作は、牧歌的なメロディと不思議な聴後感を残す言葉選びを、卓越した演奏力で繰り出す充実の4曲入り。マスタリングは、近年まいわい(しらいしかずや + マノリツコ)の初フル・アルバム『ことほきす』を手がけ、自身も演奏家としても活動するおおたようへいが担当。SoundCloudでは、収録曲から「小鳥の遠足」が公開されています。

 また6月26日(日)には、昨年“オーディオドラマ”『デモデモデ-デモデとモデのパラレル・ワールド-』をリリースした川手直人との2マン・ライヴが、7月末での営業終了が決定している東京・立川 砂川七番「gallery SEPTIMA」(galleryseptimablog.blogspot.jp)にて開催されることも決定。てぬぐいは、mangnengをフィーチャーした編成でのパフォーマンスを披露します。当日は幕間DJをNoahlewis' Mahlon Taitsの森田文哉、PAを井手健介と母船のスティールギター奏者としても知られる清岡秀哉が担当するほか、「TURN ON」(中古レコード)、「ブックギャラリー・ポポタム」(本, 雑貨)の出店も予定されています。詳しくはイベント特設ページ(www.sweetdreamspress.com/2016/06/mangneng.html)にてご確認ください。

最終更新:6月8日(水)19時0分

CDジャーナル