ここから本文です

ウォーゲーミングがグローバル・マーケティング部門にJuuso Myllyrinne氏を起用

ファミ通.com 6月8日(水)15時17分配信

●グローバルコミュニケーション、マーケティング戦略を担当
 全世界1億1000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するウォーゲーミングは、グローバル・マーケティング部門にJuuso Myllyrinne氏を起用したことを発表。同氏は、グローバルコミュニケーション、マーケティング戦略を担当するという。

 以下、リリースより抜粋。

----------

 Juuso Myllyrinne は、当社のグローバルコミュニケーション、マーケティング戦略を担当いたします。彼の経歴として、今まで、様々なグローバル企業のブランド戦略や、デジタルマーケティングに携わり功績をあげました。

 今回、弊社CEO ビクター・キスリーは以下のようにコメントしています。

「長年に渡り、私達は才能の人材を構築してきました。今回、Juuso を起用したことにより、マーケティング部門は彼の知識によりさらに強化されることに興奮を隠せません。」

 ウォーゲーミングジャパン株式会社はオンラインゲームの運営会社として、またミリタリーエンタテインメントに関するリーディングカンパニーとして、今後もさまざまな楽しみをみなさまにご提供できるよう、邁進してまいります。

最終更新:6月8日(水)15時17分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。