ここから本文です

湊かなえ原作の演劇「往復書簡」、制作会社の事情により公演キャンセル=韓国

WoW!Korea 6月8日(水)13時32分配信

演劇「往復書簡」が7月初演を迎える予定だったが、制作会社の事情により公演がキャンセルとなった。

 制作会社(株)赤道は去る7日、Facebookを通して、演劇「往復書簡」がやむを得ず取り消しになったと明らかにした。また、「公演に期待を寄せてくださった観客の皆さんに謝罪する」とし、「本公演を予約購入された方々には、はやい期間内に払い戻しが完了できるように最善を尽くす」と伝えた。

 演劇「往復書簡」は日本の推理小説家・湊かなえの小説を原作にした作品で、来る7月5日~10月16日まで、ソウル・大学路(テハンノ)・TOM2館で公演される予定だった。また、俳優パク・シボム、カン・ジョンウ、ソン・ユドン、イ・ジヘ、ホン・ジヒらの出演が確定した状態だった。

 制作会社は理由を具体的には明かしていないが、公演界では去る5月30日にホン・ギユ(株)赤道代表が死去したことが影響していると推測している。故人は2000年代の演劇界に新しい活力を吹き込んだ公演プランナーだ。

最終更新:6月8日(水)13時32分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。