ここから本文です

32年度末までに開通 「相馬福島道路」国道4号IC-福島北JCT

福島民報 6月8日(水)10時13分配信

 115号国道バイパス「相馬福島道路」の福島県伊達市日照の国道4号インターチェンジ(IC、仮称)と桑折町松原の東北自動車道福島北ジャンクション(JCT、仮称)間の2キロは平成32年度末までに開通する。国土交通省福島河川国道事務所が7日、発表した。
 同区間では5月、東北新幹線とJR東北線をまたぐ全長1.2キロの桑折高架橋(仮称)の建設工事が始まった。32年3月までに完成する予定。
 相馬福島道路は総延長45.9キロのうち35.7キロ(77%)で開通時期が決まった。道路の起点となる相馬IC(相馬市)から霊山IC(伊達市)間の33.7キロは28年度から30年度にかけて順次、供用を開始する見通し。霊山IC-国道4号IC間の10.2キロは未定。

福島民報社

最終更新:6月8日(水)10時24分

福島民報