ここから本文です

セクシー派? アクション派? 『エルソード』TVCMが本日より放映。仮面女子のライブと融合した新CM&イメージソング発表会をリポート

ファミ通.com 6月8日(水)18時25分配信

文・取材:編集部 坂本ビス太、撮影:カメラマン 堀内剛

●胸に銃をぐいぐいと
 NHN ハンゲームがサービス中のPC用アクションRPG『エルソード』にて、2016年6月1日に新キャラクターの“ロゼ”が実装された。それにともない、6月8日に“新CM&イメージソング発表会”が、東京・秋葉原のアリスプロジェクト常設劇場“P.A.R.M.S”にて開催。同日より放映予定のTVCMに出演するアイドルユニット“仮面女子”の楠木まゆさん、神谷えりなさんが“ロゼ”のコスプレ衣装で登場したほか、CMに起用された新曲『JEWELS』が初お披露目となった。

<関連記事>
・仮面女子・楠木まゆさんがファミ通に襲来! 『エルソード』の新キャラ・ロゼをコスプレ姿でPR
・オンラインRPG『エルソード』の新キャラ“ロゼ”は、異世界から来た銃使い!? 実装は6月1日に決定

 イベントはいきなり、仮面女子のミニライブからスタート。本イベントには一般の参加者も多数駆けつけており、楽曲のイントロが流れると、会場内は一気にヒートアップ! 年間1000回以上もの公演をこなす仮面女子のステージは圧巻のひと言で、『全開☆ヒーロー』と『大冒険☆』の2曲を披露。楽曲を聴いていると、なんとなく80~90年代のメタルやロックを思い出しました。いい曲ですね。


 続いてステージに『エルソード』プロデューサーの小川達雄氏が登壇し、本作の特徴と新キャラクターの“ロゼ”について紹介を行った。6月1日に追加された11番目のプレイアブルキャラクターでさる“ロゼ”は、異世界からエリート戦闘員。武器は“ウエポンパック”で、リボルバーやオートガンなど、合計4種の銃器を切り替えながら戦える点が特徴的だ。
 そして、7月13日に実装予定の“フレイヤ”は、ロゼの3次職として追加されるキャラクター。マスケットによる遠距離攻撃が得意なキャラクターで、露出度の高いコスチュームもポイント。


 するとここで、これらの新キャラクターの衣装に身を包んだ、楠木まゆさん、神谷えりなさんがステージに登場。いつもとは違うふたりの姿に、ファンから驚きやよろこびの声が。衣装について、楠木さんは「孫の手を改造して作った特製のかんざしが気に入っています」とのこと。一方の神谷さんは、「小物が多くて準備がちょっとたいへん。胸の部分は最初はもう少し隠れていたんですが、もっと出したい! と言ったら、こんな感じになりました(笑)」というエピソードを語ってくれた(胸を強調しつつ)。


 そして、ふたりがロゼとフレイヤに扮して出演したTVCMがこちら。

 神谷さんは、「撮影中に胸に銃をぐいぐいと挟むシーンがあって、最初に何度かリハーサルをしたんですが、そのたびに現場の人たちが「オォォー」と、声をあげてよろこぶのが楽しかったです」とコメント。なんと、うらやまし……。そんな神谷さんのセクシーなCMと対照的に、元気でアクションが多いCMに臨んだ楠木さんは、「撮影でトランポリンを使ったのですが、じつは私ビビりで……うまく後ろのマットまでジャンプできずに、けっきょくはその場でピョンピョンと跳ねただけです(笑)。でも、完成したCMを見るとちゃんとしたアクションになっていて(笑)」と、映像の編集テクニックに感動していた。


 ここで、小川氏からTVCM放送記念キャンペーンについてアナウンスが行われた。内容は、6月8日からのTVCM放送を記念して、対象期間中に新規登録をしてキャラクターを作成した方の中から先着10000名に、ゲーム内通貨500エルコインがプレゼントされるというものだ。

【実施期間】
2016年6月8日~7月7日

 さらに、本日6月8日20時より放送される公式生番組にて発表される合言葉をゲーム内で入力すると、もれなく“仮面女子なりきりマスクアクセサリー”がもらえるとの発表も。

【生放送】
2016年6月8日20時~22時(予定)

【プレゼント配布期間】
2016年6月8日13時~23時

※視聴はこちらから



 そして、再びステージは仮面女子のライブに移り、今回のCMで使用されている新曲『JEWELS』が披露された。楠木さんは、新曲について「キャッチーなメロディが聴きどころで、励まされる気持ちになる歌詞にも注目してください」とコメントし、さらに自分が“持ちサビ”を担当することにも、とてもよろこんでいる様子だった。

最終更新:6月8日(水)18時25分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。