ここから本文です

メリル・ストリープがトランプ氏に変身!舞台で大ウケ

Movie Walker 6月8日(水)14時30分配信

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11)で故マーガレット・サッチャー元英国首相を演じて大評判だったメリル・ストリープが、新たな政治家の役に挑戦している。なんと米国大統領候補ドナルド・トランプだ。

【写真を見る】メリルがこのトランプ氏そっくりに!?

6月6日夜にニューヨークで行われた恒例の「シェイクスピア・イン・ザ・パーク」ガラで、金髪のウィッグをかぶり、顔にオレンジ色のドーランを塗って、でっぷり腹部を膨らませてトランプ氏のような真っ赤なネクタイにスーツ姿でステージに登場したメリル。迫真の演技でトランプ氏の身のこなしや歩き方を真似ていたといい、あまりのメリルのなりきりぶりに、「とてもメリルが演じているとは思えなかった」と英紙デイリー・メールは伝えている。

メリル・ストリープは、大統領選ではトランプ氏のライバル、ヒラリー・クリントン候補を支持しており、ふたりは仲の良い友人同士のようで、ヒラリーは将来自分の映画が製作されることになったら、自分の役はメリルに演じてほしいと公言している。

トランプ氏を演じているメリルの画像と動画を掲載したデイリー・メールのサイトには、「最高。トランプ氏より本人らしい」「はははは。笑った」「マンUのファーガソン元監督に似ている」「本気で彼女がトランプ氏を演じる映画があったら、またオスカーを獲るだろう」「メリルは悪役を演じる時が一番いい」などの読者メッセージが並んでいる。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:6月8日(水)14時30分

Movie Walker