ここから本文です

西会津産米 関西で人気 JAと町PR結実

福島民報 6月8日(水)12時17分配信

 福島県西会津町産の特別栽培コシヒカリが4月からコープきんき事業連合(本部・大阪府)の商品カタログに掲載され、関西地方で評判になっている。関西は東京電力福島第一原発事故の風評が根強く残っているとされる中、JA会津よつばや町による積極的なPR活動が実を結んだ。
 同JAによると、4月は予想を超える488袋(2キロ入り)の注文があった。事業連合は滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山各府県の計7生協が加盟し、会員数は190万人を超える。今後、5キロ入りの商品の取り扱いも予定しており、一層の販売数の増加を見込んでいる。

福島民報社

最終更新:6月8日(水)13時11分

福島民報