ここから本文です

女優パク・シネ、Vアプリから降りてきたキュートな天使

WoW!Korea 6月8日(水)23時27分配信

女優パク・シネが、Vアプリを通してファンと対面した。

 パク・シネは 8日午後、ポータルサイトNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の放送で、「こんなに世界中のファンと会えてうれしいです。15か国のファンが共にすると聞いています。ときめきと緊張で震えてしまいます」と心境を明らかにした。

パク・シネのプロフィールと写真

 続いてパク・シネは、「私は最近、『ドクターズ』の撮影をしていますが、今はドラマではなく広告撮影のために、しばらくヘジョンを忘れてパク・シネに戻っています。いざ放送をするとなると、どうしていいか戸惑ってしまいます」と話した。

 パク・シネは、撮影中のドラマ「ドクターズ」について、「とてもときめいて、ロマンチックな雰囲気が最高のドラマなので、期待してください。キム・レウォン先輩とも、とても息が合います。ずっと同年代の俳優たちと共演してきて、久しぶりにお兄さんと共演することになりました。私の学校の先輩です。たいへん可愛がってくれ、リラックスさせてくれてるので、楽しく撮影をしています」と伝えた。

 そして、パク・シネはファンからの質問に丁寧に回答し、笑顔を振りまいた。ダイエットをしたのかという質問には、「贅肉がずいぶん取れましたが、体重は同じです」と言って、ピラティスも熱心にしていると明らかにした。また、「きれいです」というファンの反応に「きれいだとか可愛いといわれるのはとても気分がいいです」と笑わせた。

 15分ほどの短い放送時間だったが、パク・シネはファンとできるだけたくさんコミュニケーションをとろうと努力し、別れの瞬間には「行きたくないです。ごめんなさい」と名残惜しさを表した。

 最後にパク・シネは、「『ドクターズ』は、私自身もとても期待しているし、いいチャレンジになると思います」と付け加え、期待を高めた。

最終更新:6月8日(水)23時27分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。