ここから本文です

グラストンベリー・フェスティバル、女性専用ステージ開設

BARKS 6月12日(日)10時11分配信

グラストンベリー・フェスティバルが、今年、初めて女性専用のステージ“The Sisterhood”を設けることを発表した。

◆グラストンベリー・フェスティヴァル画像

パフォーマー、警備員、オーディエンスすべてが女性という、主催者いわく「革新的なクラブハウス」になるという。「The Sisterhoodのプロデューサーは、いまだ男性優位の傾向があるこの世界において女性専用のスペースが必要だと考えています」「英国ではいま、性別による賃金格差、ドメスティック・バイオレンス対処への予算削減、セックスワーカーの権利が問題となっています。The Sisterhoodは、女性たちが話を分かち合い、繋がり、楽しみ、お互いをサポートし合う最良の方法を学ぶ秘密の場を提供したいと考えています」

ライブ・ミュージック、DJセットがあるほか、ダンス・クラス、女性大工が電動工具の使い方を教えるワークショップもあるそうだ。

今年のグラストンベリー・フェスティバルは6月22~26日(音楽のライブ・パフォーマンスは24~26日)開催。メインのピラミッド・ステージではミューズ、アデル、コールドプレイがヘッドライナーを務める。

Ako Suzuki

最終更新:6月12日(日)10時11分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。