ここから本文です

宮沢りえ「絶対やる!!」、『ジャングル・ブック』で母オオカミの声

CINRA.NET 6月8日(水)10時6分配信

映画『ジャングル・ブック』の日本語吹き替え版で宮沢りえが声優を務めることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

8月11日から全国で公開される同作は、1967年に公開された同名アニメーション映画の実写版。ジャングルに取り残された人間の少年・モーグリが、動物たちに見守られながら成長していく様を描く。モーグリ以外は、動物や自然も含めて全てがCGで表現される。

日本語吹き替え版で宮沢が演じるのは、モーグリを我が子のように育てる愛情深い母オオカミ・ラクシャ役。実写作品の吹き替えに初挑戦する宮沢は、同作へのオファーについて「『ジャングル・ブック!実写化!絶対やる!!』と、なんかもうホップ!ステップ!ジャンプ!くらいな勢いでためらいはなかったですね」と明かしている。

自身が声を担当するラクシャについては、「強いものとか権力のあるものへの正義感、弱いものを守る正義感は、もしかしたら私と共通する所があるかもしれません」「実際、私も1人の娘がおりますし、博愛的な愛情を日常の中で注いでいる毎日なので、そういう意味ではラクシャの愛の深さは理解できました」と明かしている。なお宮沢は現在公開中の同作の日本語版予告編でナレーションを担当している。

CINRA.NET

最終更新:6月8日(水)10時6分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。