ここから本文です

Winkのさっちんこと鈴木早智子がプロレスへ!ヒール軍入りし竹刀攻撃!

バトル・ニュース 6月8日(水)17時41分配信

 5日、スターライズタワー(旧・テレビ東京スタジオセンター)にて開催された『シアタープロレス花鳥風月Vol.40 四十にして惑わず 40回記念東京タワー大会』にWinkのさっちんこと鈴木早智子が来場した。

 『淋しい熱帯魚』を入場曲に登場した鈴木早智子がトークを行っていると、元・光GENJIの山本淳一も所属するユニット“ハットトリック”のメンバーが登場しかつて共演経験がある事などで話が弾む。
 だがそこに『愛が止まらない ~Turn It Into Love~』が流れヒールユニット“オウンゴール”が登場すると、“オウンゴール”の5代目ブラックタイガーが「さっちんさん、僕はファンですよ。そこにいる松葉杖の勝村(周一郎)さん。さっき控え室でさっちんのいかがわしい動画を観てたんですよ」とMUTEKIレーベルから発売された『September Shock 鈴木早智子』が控室で鑑賞されていたことを暴露。さらに「それとね、さっちん。あなたは光GENJIが大嫌いでしょ。あなた、山本淳一が大嫌いでしょ」と指摘すると、鈴木早智子は竹刀を渡され“オウンゴール”のセコンドにつく。

 試合が始まり、ブラックタイガーがサミングから住吉久仁夫を羽交い絞めにして場外に連れ出すと鈴木早智子は手にした竹刀で住吉の胸板を強打!
 これを見て絶望した“ハットトリック”は黒い篠宮にジェットストリームアタックから関友紀子がスイングDDT、三尾祥久がスピンキック、住吉久仁夫がスタナーと畳み込むも、コーナーに登った住吉をブラックタイガーが転落させそこを黒い篠宮がロープに足をかけながらフォールし3カウント。

 ラフファイトに抗議する“ハットトリック”だったが、ブラックタイガーは「今日はこれくらいにしてやろう。あばよ!」と言い残し鈴木早智子とともに会場を後にした。

最終更新:6月8日(水)17時41分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]