ここから本文です

ベラ・ハディッド、あのドレスは「怖かった」!

ELLE ONLINE 6月8日(水)19時45分配信

雑誌『グラマー』誌のインタビューに答えたベラ・ハディッド。「レッドカーペットではシンプルなドレスを着ることが多い。黒を選ぶことが多いの。だからあのドレスはとてもリスキーだった」とカンヌ映画祭を振り返ったそう。さらに「あのドレスを着るのは怖かった。だから評判がよくて、とてもうれしかった」とも。

先日スタイリストのエリザベス・サルサーが「あのドレスの下にはシルクのボディスーツが組み込まれていた」と裏話を披露していたけれど、ベラもそのボディスーツがハイウエストのレオタードのようになっていたことを明かし、「それについては問題なかったわ」と語ったそう。とはいえボディスーツが見えてしまっては興ざめ。ベラ曰く「ちょっと風が吹いたら問題になるところだったけれど、風は吹かなかったの。大成功だったわ!」とか。

ちなみにスタイリストは「ベラは賢くて自信に満ちていた。だから彼女があのドレスを着こなせるってわかっていた」とも。つまりスタイルがいいだけでは着こなせないということ。モデルとしての彼女の才能を証明した一着として歴史に残りそう!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月8日(水)19時45分

ELLE ONLINE