ここから本文です

【MLB】4戦連続QSの田中将大、気持ちで粘投 地元紙「キレはなくとも堅実な内容」

Full-Count 6月8日(水)7時10分配信

勝敗つかずも7回2失点、登板後は胸を指差し「一番大事なのはここ」

 6日(日本時間7日)に行われた本拠地でのエンゼルス戦で、序盤に2失点しながらも4回以降を無失点に抑え、7回2失点でチームに勝機を与えたヤンキース田中将大投手。試合後、通訳を介して「今日は調子がよくなかった。本当に一番大事なのはここ(胸を指して)だと思う」と、この日は“気持ち”の勝負だったことを明かした。地元紙「ジャーナル・ニュース」電子版が伝えている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 序盤に2失点した田中は、6回と7回にも走者を背負う場面を迎えた。要所で集中力を高め、いずれの回も内野ゴロに打ち取ることに成功。点差を広げることなく、味方打線の奮起を待った。それに応えるかのように、7回にマッキャンとカストロが2連発で一気に同点に追いつくと、8回にはベルトランの14号3ランで勝ち越し。田中に白星こそつかなかったが、粘投でチームの逆転勝利(5-2)を演出した。

 ベストな状態ではなかったものの、7回を6安打2失点で投げきり、自身4戦連続クオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)と力投した右腕を、「ジャーナル・ニュース」は「キレはなくとも堅実な内容」の見出しで高評価。この日はスライダーがいまいちだったと語る捕手マキャンに賛成するかのように、田中自身も通訳を介して「今日はブルペンから調子はよくなかった。スコアの通り、序盤に失点してしまったので、何とかそれ以上失点しないように、粘り強く投げられるようにした」と話したという。

中4日で2試合連続好投、粘投のカギは「気持ちの部分でしっかり我慢強く」

 ジラルディ監督は「彼はよく踏ん張ったと思う」とエース右腕を評価。試合後に米メディアにこの日のカギを聞かれた田中は「今日は本当にいいボールがなかったですけど、気持ちの部分でしっかり我慢強く投げることができたんで、ああいう投球につながったと思います」と答えながら自身の胸を指し、気持ちの勝負だったことを強調したそうだ。

 中4日では結果が残せないと言われ続けている田中だが、これで前回1日(同2日)ブルージェイズ戦(6回2失点)に続き、今回も7回2失点とチームに勝機を与える投球を見せた。次回は再び中4日のスケジュールで10日(同11日)タイガース戦に先発予定。ここでも効果的な投球を披露し、4勝目を飾りたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月8日(水)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)