ここから本文です

開催36年目・台湾の一大ショーケース「COMPUTEX」主催者に聞く 台湾×スタートアップのいま

SENSORS 6月8日(水)14時3分配信

5月31日から6月4日まで台北で開催された、台湾はもちろん各国の企業が新製品や新技術を発表する一大ショーケース「COMPUTEX TAIPEI 2016」。このイベントを主催するTAITRA(台湾貿易センター)副秘書長 葉明水氏にお話を伺った。

会場ではPC、モバイル関連をはじめとする数々のプロダクトが展示され、今年の出展は1,602社・5,009ブースにのぼった。36年目という長い歴史を誇るイベントだが、今年は「InnoVEX」というスタートアップ企業に特化したエリアも登場。217のスタートアップが参加した。
葉氏にはイベント自体はもちろん、「台湾とスタートアップ」という視点で、台湾の今について語って頂いた。

製品調達の場から、テクノロジーのエコシステム構築の場に

--アジア全域、もしくは世界各国におけるCOMPUTEXの意義について教えて頂けますか。

葉:
開催以来36年を経たCOMPUTEXは、元々は製品調達のプラットフォームでした。しかし「製品の製造」から「ソリューションの提供」という業界の産業の変化に合わせて、COMPUTEXもテクノロジーのエコシステム構築のプラットフォームとしての存在になりつつあります。

--今年のCOMPUTEXはIoT、スタートアップ、ゲーミング、スマートビジネスソリューション、この4つがテーマとして設定されましたが、その理由は?

葉:
IoTはやはり各国の企業が力を入れていて、今まで堅実な電子産業を築いてきた台湾の企業も積極的にリソースを投入している分野です。
スタートアップは未来のアイディア、イノベーションが生まれることに期待を込めています。今年はスタートアップに特化したエリア「InnoVEX」を新設しました。
スマートビジネスソリューションは、冒頭にもお話した通り、多くのメーカーが「ソリューション」を提供する存在に変化していること。IBMやHPといった世界的な企業もそうですし、台湾のPCメーカーでも同様の動きが見られます。
そして最後にゲーミングですが、ゲーム関連の製品は一般の製品に比べるとスペック・技術が高いですよね。台湾の企業はレベルの高いPC商品を生み出してきたので、これからこの分野への進出が期待されます。今年は「ゲーミング×世界各国の企業」で30数社の出展がありました。

1/2ページ

最終更新:6月8日(水)14時44分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]