ここから本文です

神秘的…。太古の星々が奏でる「宇宙の音楽」を聞いてみよう。

sorae.jp 6月8日(水)9時0分配信

みなさん、宇宙空間は何の音もしない、無音の空間だと思いますか? 確かに真空の宇宙は音を伝えないので耳を澄ませても何は聞こえないのですが、星々の生き生きとした活動を音に変換して楽しむことができるのです。今回バーミンガム大学の研究者が公開した「太古の星々による『宇宙の音楽』」は、神秘的かつ少し不気味は宇宙の姿を私たちに教えてくれます。(動画URL:http://www.mirror.co.uk/science/listen-eerie-space-music-echoing-8132959)

まずは上の動画を再生してみてください。ブオーン…ブーン…という、なんとも不思議な音が聞こえると思います。まるでむか~しのSF映画の効果音のようですが、あのような音がある意味正確だったのはちょっと驚きですね。
 
このデータは、NASAのケプラー探査機のミッション「K2」によって得られたデータを利用しています。そして、観測したのは130億年前に誕生した「M4」という星団です。宇宙の年齢が約138億年といわれていますから、この星団がいかに宇宙の初期に誕生したのかがわかりますね。
 
そして周波数スペクトルから星の内部構造を探る「星震学」の技術を使うことにより、内部の音による星の明るさの変化やぐらつきを観測。そこから私たちが聞くことのできる「音楽」へと変換したのです。さらに、この研究により「星の年齢や質量」も正確に測定することができました。
 
バーミンガム大学のBill Chaplin教授は以下のように語っています。「考古学者が発掘によって過去を解き明かすように、私たちは星の内部の音を聞くことで銀河の歴史を知ることができるのです」。うーん、なんともロマンティックな話ですね! これらのはるか遠くの星だけでなく、私たちの太陽の音楽も一度聞いてみたいものです。

最終更新:6月8日(水)9時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]