ここから本文です

NATO、ポーランドで冷戦以降最大の軍事演習 露は反発

AFPBB News 6月8日(水)8時53分配信

(c)AFPBB News

【6月8日 AFP】北大西洋条約機構(NATO)がポーランドで実施している冷戦(Cold War)以来最大となる軍事演習の一環で、米英とポーランドの部隊は7日、パラシュートで一斉に地上に降り立ち、その力を見せつけた。

 ロシアと西側諸国が軍事・外交面で対立する中で行われた今回の軍事演習に、ロシアはいら立ちをあらわにしている。

 兵士3万1000人が参加し、10日間にわたって行われるこの「アナコンダ(Anaconda)」演習についてNATOは、強硬姿勢を強めているロシアに対し、加盟各国が脅威を覚えつつある東欧での防衛力強化を目指すものだとしている。

 米欧州軍のベン・ホッジス(Ben Hodges)司令官は、演習は純粋に「防衛」に徹したものだと主張し、「気をもむ理由はない」と述べた。

 東欧のNATO加盟国は、2014年にロシアがウクライナのクリミア(Crimea)を編入してからというもの、ロシアを強く警戒している。NATOは1か月後に、ポーランドの首都ワルシャワ(Warsaw)でのサミット開催を控えており、その場で冷戦以降の最大の軍事力増強を確認するとみられている。

 NATO側が「抑止力と対話」戦略の一環と位置付けているこの動きに対し、ロシア側は猛反発。ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は演習の開始に当たり、「今回の演習は…信頼と安全のムード醸成に貢献するものではない」と指摘し、「残念ながら、われわれはいまだ相互の信頼不足を目の当たりにしている」と述べた。(c)AFPBB News

最終更新:6月8日(水)8時53分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。