ここから本文です

映画「レディ・ジョーカー」等の制作に携わった(株)フェローピクチャーズが破産

東京商工リサーチ 6月8日(水)11時9分配信

 (株)フェローピクチャーズ(TSR企業コード:017720230、法人番号:5011301007934、杉並区高円寺北4-18-5、登記上:杉並区南荻窪2-3-2、設立昭和53年4月、資本金5000万円、藤田義則社長)は6月1日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には若林眞弁護士(若林・渡邊法律事務所、千代田区神田錦町3-12-10、電話03-5282-7121)が選任された。
 負債総額は約2億3000万円。
 映画プロデューサーとして著名な藤田社長が映画・ビデオ制作を目的に立ち上げた。映画「未来予想図 ア・イ・シ・テ・ルのサイン」(平成19年10月公開)や「レディ・ジョーカー」(16年12月公開)の制作に携わるほか、最近では「信さん・炭坑町のセレナーデ」(22年11月公開)の企画制作にも携わっていた。しかし、「信さん・炭坑町のセレナーデ」の制作費用が膨らみ資金繰りは逼迫。さらに、ここ最近もヒット作に恵まれず、今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:6月8日(水)15時23分

東京商工リサーチ