ここから本文です

<松戸の爆破予告>容疑の中3、安藤被告と交流 動機は「グループの活動」 “午後3時34分”模倣か

千葉日報オンライン 6月8日(水)6時48分配信

 千葉県松戸市立六実第三小学校への爆破予告事件で、県警サイバー犯罪対策課と松戸署は7日、威力業務妨害の疑いで愛知県内の中学3年生の男子生徒(14)を地検松戸支部に書類送検した。

 書類送検容疑は、先月2日午後10時50分ごろから同月9日午後5時40分ごろまでの間、インターネット掲示板に「松戸市立六実第三小学校に強力な小型爆弾を仕掛けた。5月10日午後3時34分に爆発する。強力なので児童の大半は死ぬだろう」などと3回にわたり送信して掲載し、同校を臨時休校させるなど業務を妨害した疑い。

 同課によると、男子生徒は、同市役所に爆破予告のメールを送信したとして威力業務妨害罪で公判中の元大学生、安藤良太被告(21)=埼玉県上尾市瓦葺=とネット上で交流があり「(同じグループの)活動のためにやった」などと容疑を認めているという。

 小学校への予告には市役所への予告と同じ爆破時刻も記載されており、安藤被告を模倣したとみられている。

最終更新:6月8日(水)7時8分

千葉日報オンライン