ここから本文です

「僕のヤバイ妻」相武紗季、まさかの展開に「ビックリしてくれてたら嬉しい」。最終回を惜しむ声も続々。

E-TALENTBANK 6/8(水) 11:05配信

昨日、第8話が放送されたドラマ「僕のヤバイ妻」。毎回スリリングな展開で、視聴者の心を鷲掴みにしており、回を追うごとにその注目度を増している作品だ。

第8話では、幸平(伊藤英明)は杏南(相武紗季)を殺してしまった衝撃と罪悪感にさいなまれるも、杏南が実は生きていて、真理亜と手を組み、服毒し死んだふりをして幸平を騙すつもりだったということが分かり、幸平は激昂。真理亜を探して急いで家に戻るも、そこに真理亜の姿はなく、脅迫状が置いてあった。またしても、狂言誘拐かと考える幸平だったが、真理亜は隣人の有希(キムラ緑子)に刺されてしまっていて…という、またしても予測のつかないスリリングな展開を迎えた。

第7話で毒入りの料理を食べて死亡したと思われていた相武紗季は、昨日の放送終了後、自身のTwitterで「ヤバ妻、、、ビックリしてくれてたら嬉しいなあー!!来週で最終回。最後まで楽しんでもらえますように」とツイート。これに対して視聴者からは「全く予想してませんでしたー」「生きてて良かったです!」と驚きと喜びの声が寄せられていた。

また、同ドラマが早くも来週で最終回を迎えることから、視聴者からはTwitterで「見れば見るほど内容濃ゆくなる~~」「来週で最終回なのが惜しい…。役者全員いいんだもんなぁ~。素晴らしい。」「終わってほしくないけど最終回楽しみだ~」「めっちゃおもろいのに来週最終回なんて悲しい」「僕のヤバイ妻が来週最終回という現実を受け止めきれない」「来週最終回とか早すぎ!」と、ドラマの終了を惜しむ声が早くも多く上がっていた。

そして、このドラマのオープニング曲であるAnlyの『EMERGENCY』が、発売より1週間早く、6月8日~配信パッケージフル先行配信とMusic VideoのフルがGyaO!で1週間限定でフル配信されることが決定している。

最終更新:6/8(水) 11:37

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]