ここから本文です

失業保険(基本手当)の手続きのポイントと流れ

マネーの達人 6月8日(水)4時58分配信

会社で働いている方は、多くの方は雇用保険に加入していると思います。

この雇用保険制度は、失業した時に受け取る「失業保険」や、失業した時に就職を促進する給付、自ら職業に関する勉強をするための教育訓練に関する給付であったり、育児や介護、高齢者になった場合に雇用が継続するための給付など様々な給付があります。

今回は、失業した時に受け取る「失業保険」について、流れやポイントを解説したいと思います。

必要な雇用保険への加入期間

失業した時に受け取る「失業保険」は、「基本手当」といいます。この「基本手当」を受給するためには、雇用保険の加入期間がある程度必要となります。その最低の加入期間は、離職時の理由によって異なります。

(1) 会社都合などの場合… 雇用保険に6か月以上加入

(2) 自己都合退職などの場合… 雇用保険に1年以上加入

受給手続きの流れ

「基本手当」を受給するためには、ご自身が居住している住所地の管轄している公共職業安定所(ハローワーク)へ求職の申し込みをする必要があります。

(1) 離職
 ↓
(2) 求職の申込み…会社から送られてきた離職票やその他必要な書類等をハローワークへ提出します。また後日行う給付説明会で、受給資格者証を受領します。
 ↓
(3) 待期及び給付制限…「待期」は、求職の申込みを開始した日から失業している日が通算して7日間のことをいいます。この間は、支給対象となりません。「給付制限」は、自己都合などで退職された方は、待期満了後にさらに3か月間は支給されません。
 ↓
(4) 失業の認定…失業認定日ごとに受けることになります。(原則として4週に1回、直前の28日間の各日に行います。)その後、おおむね一週間程度で銀行口座に振り込まれます。

このように、「求職の申込み」から基本手当の受給手続き開始となります。そもそも、「基本手当」は、離職日(退職日)の翌日から1年間が受給期間となります。

少しややこしいですが、基本手当の支給を受けるための待期や給付制限は、離職日(退職日)からではなくこの「求職の申込み」日からになりますので、離職票がお手元に届いたらすぐにハローワークに行きましょう。

また、離職理由などや雇用保険の加入期間により、「基本手当」が支給される給付日数が各個人により異なります。(給付日数分しか「基本手当」は支給されません。)

1/2ページ

最終更新:6月8日(水)4時58分

マネーの達人