ここから本文です

奈良くるみは1回戦でパシェックに敗退 [ノッティンガム/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月8日(水)9時0分配信

「AEGONオープン・ノッティンガム」(WTAインターナショナル/イギリス・ノッティンガム/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)はラッキールーザーのタミラ・パシェック(オーストリア)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間24分。

トップ2シードのプリスコバとコンタが2回戦へ、奈良はダブルス敗退 [AEGONオープン・ノッティンガム]

 奈良はパシェックと3度目の対戦で2敗目。初対戦だった2010年のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)の予選2回戦では奈良が7-5 6-4で、今季開幕戦のオークランド(WTAインターナショナル/ハードコート)ではパシェックが7-6(7) 6-1で勝っていた。

 パシェックは2回戦で、第6シードのヘザー・ワトソン(イギリス)とマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月8日(水)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。