ここから本文です

あの大女優がドナルド・トランプ氏に扮したら……そっくり!!

BuzzFeed Japan 6月8日(水)12時38分配信

米大統領選で共和党の候補者として指名確実の、ドナルド・トランプ氏。数々の女性蔑視発言でも知られるトランプ氏に、あの大女優が皮肉を込めて扮しました。
【Buzzfeed Japan】

ハリウッドの大女優、メリル・ストリープ。

「クレイマー、クレイマー」「プラダを着た悪魔」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」など、数々の映画でおなじみです。これまでアカデミー賞を3回受賞しているメリルは、舞台などでも幅広く活躍しています。

6日夜、ニューヨークであった舞台公演。メリルは今話題の人に扮し、登場しました。

米大統領選で共和党の候補者として指名確実の、ドナルド・トランプ氏。

メリルは、ヒラリー・クリントンに扮したミュージカル女優のクリスティーン・バランスキーとともに登場。デュエットで歌声を披露しました。

曲は、ブロードウェイのミュージカル「キス・ミー・ケイト」の劇中曲「Brush Up Your Shakespeare」。女性に求婚する際に、シェイクスピアを引用すると、イエスと言ってくれるさ、という内容の歌で、劇中ではギャングが歌っています。

女性蔑視の発言を繰り返してきたトランプ氏への皮肉も込めて、メリルは、この歌詞を「私になぜ、女性がみんなノーというのか、教えて」と少し変えて、歌いました。

それにしても、メリルの再現力には力が入っていますね!

最終更新:6月8日(水)12時38分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。