ここから本文です

三代目JSB・登坂広臣がゲスト参加!ACE OF SPADESの約3年10ヶ月振りの新曲に豪華共演のMVが遂に解禁。

E-TALENTBANK 6月8日(水)11時52分配信

6/15(水)に発売となるアルバム「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」に収録される「ACE OF SPADES feat.登坂広臣/SIN」のミュージックビデオ(MV)が解禁された。

ACE OF SPADES(以下、AOS)は、新しいロックバンドの誕生として注目され2012年にGLAYのHISASHIを中心にヴォーカルにEXILE TAKAHIRO、Drumsに元THE MAD CAPSULE MARKETSのMOTOKATSU MIYAGAMI、Bassに元RISEのTOKIEと超豪華布陣で結成された。4人のメンバーお互いがその音楽性に共感しあった結果、EXILE TAKAHIROが本来持つヴォーカリストとしての男らしさがより際立って表現されたGLAYでもないEXILEでもない独自の世界観を持ったソリッド感あるロックバンドとなっている。

本楽曲「SIN」はドラマ「HiGH & LOW」内に登場する伝説の兄弟「雨宮兄弟」のテーマソングとなっており、AOSと三代目 J Soul Brothersの登坂広臣が夢のコラボレーションを遂げている。

今回解禁されたMVだが雨宮兄弟VSムゲンの白熱のアクションシーンとAOS feat.登坂広臣によるバンドパフォーマンスが融合し迫力のあるMVに仕上がっており見所が満載だ。

本楽曲でロックに初挑戦をした登坂広臣は「ロックを歌う事をチャレンジしたことによって、その経験が今後必ず活きてくるって思いました。楽曲を作ってくれたのが幼いころから聞いていたGLAYのTAKUROさんだったりもしたので思わぬところで一つ夢が叶ったというかそういう気持ちになりました。」と喜びをコメントした。

今回、AOSとして登坂広臣とフィーチャリングをしてみて、TAKAHIROは「登坂がどういう風な表現やアプローチをしてくるかっていうのが未知数な部分があったんですけど、実際にレコーディングやスタジオで聞いた時に凄くセンスのある人だなと思いました。捉えるスピードも早いですし、登坂の男らしい部分が出ていて、また新たな風を吹かせてくれました。とてもいいフィーチャリングになりました。」と楽曲に自信をのぞかせた


久々のAOSの再始動についてHISASHIは「今皆がGLAYでもなくEXILEでもないっていうAOSのロックのタイム感だったり、そういったソリッドな感覚っていうのはみんな思い出してすぐにAOSの雰囲気っていうものを出せるような感じになったと思います」と再スタートへの意気込みを語った。

発売まで約1週間となった「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」(6月15日)。本ALを引っ提げたドームツアーが7月より開催されることも発表されており、是非ALを聞いてライブにも参加して欲しい。

最終更新:6月8日(水)11時52分

E-TALENTBANK