ここから本文です

LME非鉄、全面高。三井金属、亜鉛建値6000円上げ

鉄鋼新聞 6/8(水) 6:00配信

 ロンドン金属取引所(LME)非鉄市況は現地6日、軒並み上昇。ドル安環境がサポート材料となり、銅、亜鉛、アルミなど全面高の展開となった。三井金属は7日、電気亜鉛建値を6千円引き上げ26万8千円にすると発表。7日時点の月内平均価格は26万6900円となった。

 銅は前日比18ドル高の現物4706ドル(前場、セツルメント価格)、先物4725ドル(後場)。先週末の米雇用統計結果を受けたドル安影響により銅価も続伸。約1カ月ぶりに一時4750ドル付近まで上昇したが、その後に発表されたLME銅在庫の大幅増(先週末比2万725トン増)が嫌気され、上げ幅は抑えられた。
 亜鉛は同21・5ドル高の現物2016ドル、先物2024ドル。三井金属によると、亜鉛市況は銅と同じくドル安環境で買い優勢となる中、需給タイト感が改めて意識されて上昇。昨年7月以来約11カ月ぶりに2千ドルの大台を回復した。
 足元では2020ドル半ばで推移している。一方、為替は7日午前時点で1ドル=108円55銭と前回比3円20銭円高に振れ、国内価格を圧迫した。

最終更新:6/8(水) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。