ここから本文です

奈良くるみ 初戦ストレート負け、今季初芝は黒星<女子テニス>

tennis365.net 6月8日(水)14時51分配信

AEGONノッティンガム・オープン女子

女子テニスツアーのAEGONノッティンガム・オープン女子(イギリス/ノッティンガム、芝、WTAインターナショナル)は7日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク96位の奈良くるみ(日本)は同122位のT・パスゼック(オーストリア)に4-6, 2-6のストレートで敗れて初戦敗退となった。

奈良くるみ 日本人初の勝ち星

この試合、奈良は2度のブレークに成功するも、パスゼックにそれを上回る3度のブレークを許して第1セットを落とすと、第2セットでは1度もブレークすることが出来ず、1時間24分で敗れた。

奈良は今季、3月のBNPパリバ・オープン女子で予選を勝ち抜き、1回戦で世界ランク50位のT・ペレイラ(ブラジル)、2回戦で元世界ランク1位のV・ヴィーナスを破る金星をあげた。

先日の全仏オープンでは、1回戦で世界ランク70位のD・アレルトバ(チェコ共和国)の途中棄権により2回戦へ駒を進めるも、第14シードのA・イバノビッチ(セルビア)に5-7, 1-6のストレートで敗れた。

一方、勝利したパスゼックは2回戦でM・リバリコワ(スロバキア)と対戦する。リバリコワは、同日の試合で第5シードのH・ワトソン(英国)を下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:6月8日(水)14時51分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。