ここから本文です

1&2軍1日2試合出場のホークス牧原 「両足つって」交代も殊勲打含むマルチ

Full-Count 6月8日(水)10時52分配信

親子Wヘッダー出場で朝5時半起床、6回猛攻2発後に右翼線二塁打でダメ押し1点

 7日に本拠地でのDeNA戦に快勝したソフトバンクは、3年ぶりの白星をあげた山田大樹、自身初4安打と大暴れした城所龍磨、そして6回に貴重な2ランを放った内川聖一がお立ち台に上がった。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 さらに、先制打の松田宣浩、ピンチの場面を救った森福允彦、3者連続三振で試合を締めたサファテなど、勝利に貢献した選手を挙げるとキリがない。“全員で勝ち取った1勝”ともいえるだろう。その中でも、特に忘れてほしくない選手が1人いる。「9番・セカンド」でスタメン出場した牧原大成だ。

 牧原は3回の第1打席でヒットを放ち、今季の安打数を自身初の2ケタに乗せた。さらに6回、内川聖一と長谷川勇也の2者連続弾が出た直後、2死二塁からライト線に鮮やかなタイムリー二塁打を放って貴重な追加点をもたらした。工藤公康監督も「ホームランの後の1点が非常に大きかった」と振り返ったが、終盤にDeNAの反撃をかわすにあたっても、牧原が2死からもぎ取った1点が“精神的な防波堤”となったことは間違いない。 

「初球のまっすぐを狙っていました。しっかり芯で打てた」 

 貴重な一打を放って一塁ベースを回った瞬間、牧原の身体に異変が起こった。「一塁を回ってすぐに両足がつりました」と牧原。それでも必死に二塁まで到達すると、すぐに駆け寄ったトレーナーに付き添われ、牧原は一旦ベンチへ。 

「代わりたくなかったし、少しベンチで治療したら戻れると思ったら、もうポンさん(本多雄一)が(代走に)出てました」

工藤監督「玄米取り寄せて食え」

 この日のソフトバンクはヤフオクドームで親子試合があり、朝10時10分から2軍の公式戦(中日戦)が行われた。その試合でも牧原は1番打者としてスタメン出場し、安打を放ってダイヤモンドを駆け巡っていた。

 工藤監督は「どっちの試合にも出ているから疲れたんだろう。それくらいで疲れちゃ困るんだけどね(笑)」とチクリ。ただ「人工芝での2試合は負担も大きい。最後はタイムリーだったし、いい形で代われたと思う」とフォローの一言は忘れなかった。 

「監督からベンチで『マグネシウムを摂れ』と言われました。『玄米を取り寄せて食え。何なら俺が取り寄せてやろうか』って(笑)。実際に食べてみようと思います」

「朝5時半前に起きました」という牧原が、ヤフオクドームを出たのは22時半を回った頃だ。「しっかりマッサージもしたのでもう大丈夫」と、帰り際に足をひきずる様子はなかった。最後に「2ケタ安打いったね。次の目標は?」と尋ねると、「う~ん、10盗塁(現在2盗塁)です」と明るく答えてくれた。小さな目標でも、着実にステップアップしていく。それがきっと、牧原の大きな成長につながるはずだ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:6月8日(水)12時39分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報