ここから本文です

元モー娘。飯田圭織「“モーニング息子。”をつくりたい」

MusicVoice 6月8日(水)20時27分配信

 元モーニング娘。の飯田圭織が、8日に東京・パシフィックヘブンで11年振りとなるソロミニアルバム『ONDAS(オンダス)』のミュージックビデオ(MV)の公開撮影をおこなった。7月20日にリリースされる新作はボサノバ作品となっていて、バックバンドを従えてポルトガル語での歌唱を披露した。MV収録後には囲み取材がおこなわれ、来年結成20年を迎えるモーニング娘。のメンバーのことや、飯田の家族について語った。モー娘。時代にセンターを獲れなかった飯田は「“モーニング息子。”をつくって、息子にセンターを獲らせたい」と密かな願望も明かした。

 真っ白なドレスで爽やかに登場した飯田は、ギターにベース、ドラム、そして、今回の歌唱に当たり、飯田にポルトガル語の指導をおこなったのは、ブラジル人演歌歌手のエドアルド。そのエドアルドもパーカッションで参加し撮影に臨んだ。

 披露されたのは『ONDAS(オンダス)』にも収録される、ボサノバのスタンダードナンバー「イパネマの娘」。穏やかな大西洋を思わせるボサノバの音楽に乗せて、飯田が見事なポルトガル語で歌いあげた。モー娘。時代とは違った大人の魅力あふれる飯田の歌唱に、会場はまるで大西洋を望むビーチハウスに早変わりしたように感じられた。

 撮影後には、取材陣による質問に飯田が応えた。先月3歳になった息子について尋ねられると「子どもがボサノバのギターのリズムに合わせて踊るんです。今は童謡だとかアニメの歌をボーカルだけじゃなくて楽器の音も発声するんですよ。これはボサノバ効果じゃない? って思っています」と、ボサノバが子どもに音楽的英才教育を施している様子を語った。

 「元歌手でもある夫と3人音楽一家で、将来は息子も音楽家になるのでは」という質問には「まあ興味はありそうですね。私は心のどこかで“モーニング息子。”をつくりたいと思ってます。私はモー娘。でセンター獲れなかったので、息子にはセンターに立って頂きたい」と冗談気味にコメント。会場は笑いに包まれた。

 第1期メンバーは昨年には安倍なつみも結婚し、全員が結婚している。残りのメンバーについて尋ねられると「順番的には、梨華(モー娘。第4期メンバー石川梨華)ちゃんかなぁ。『結婚ってどうなの?』とか息子のことも可愛がってくれるので、いいもんだよ~って答えてます」と石川も結婚に興味を抱いている様子を語った。

 2013年に離婚し、現在交際中の男性と同棲していると報道されている、第2期メンバー矢口真里の再婚については「どうなんでしょうね… 私も気になるんですよね。でも私は慎重に考えてね、という話はしました」と不倫問題で騒動となった矢口にアドバイスした事を明かした。

 夫婦円満の秘訣を聞かれると「忙しくても一緒に出掛けたり、必ず食事は一緒にとりますね。私も主人も、息子の笑顔を引き出すことを一番に考えて行動しています」とやはり、子は鎹であることを語った。(取材・松尾模糊)

最終更新:6月8日(水)20時27分

MusicVoice