ここから本文です

三井造船、水道管内調査用水中ロボット 新機種開発 中口径対象に展開拡大

日刊産業新聞 6月8日(水)10時10分配信

 三井造船(田中孝雄社長)は6日、水道管内調査用水中ロボット「PIPESCOPE―500FSST」を開発したと発表した。東京水道サービスの委託で、このほど納入を行った。断水せずに水道本管の状態を調べられ、従来機種では側面カメラのみの搭載だったが、今回、外形寸法を変更せずに、広画角の前方カメラを追加、より詳細に効率的に調査できる。老朽化が進む水道管対策として、調査、補修作業は増大しており、これまで調査が困難だった中口径の水道管などを対象に、小型で断水することなく調査可能な点をセールスポイントに展開を拡大していく。

最終更新:6月8日(水)10時10分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]