ここから本文です

【MLB】好調レッドソックスを支える日本人トレーナーの存在

Full-Count 6月8日(水)14時49分配信

今季就任百瀬コーチ 地元紙「レ軍の秘密兵器」

 現在ア・リーグ東地区でオリオールズと首位を争っているレッドソックスだが、開幕前、米メディアの大半は今季のレッドソックス苦戦を予想していた。FAで左腕プライスを獲得、トレードで守護神キンブレルを獲得も、若手の活躍に期待するなど不確定要素が多かったからだ。だが、若手選手の開花に加え、今季で引退するオルティスの活躍や一塁に転向したラミレスの復調もあり、中盤に差し掛かったペナントレースで好位置につけている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 地元紙「ボストン・ヘラルド」電子版では、チームの好調を支えるキーパーソンとして、今季からストレングス・コンディショニングコーチに就任した百瀬喜与志氏に注目。「レッドソックスの秘密兵器」と題した記事で、選手の体調を管理しながらパフォーマンスを最大限に発揮する手伝いをする百瀬コーチを紹介している。

 今季からレッドソックス入りするまで、15年間をパイレーツで過ごした百瀬コーチは、2013年WBCでドミニカ共和国代表のストレングス・コンディショニングコーチにも就任し、同国代表の優勝を支えた陰の立て役者でもある。日体大を卒業後、海外青年協力隊のメンバーとしてコスタリカで野球を指導。同地で覚えたスペイン語、英語、日本語の3ヵ国語を操る“トライリンガル”で、パイレーツではドミニカ共和国にあるアカデミーからメジャーまで全レベルの選手に接してきた。

日米野球でファレル監督が発見「影響力のある人物」

 記事では「3ヵ国語を操り、あらゆるレベルでの経験がある」百瀬コーチが、「パイレーツで過ごした15年間で一度もメジャーレベルでの職をオファーされなかった」ことについて「誰も欲しがらなかったなんて驚きだ」と指摘。これについて、レッドソックスのオハロランGM補佐は「不必要に目立ちたがるタイプじゃないから気付かれにくかったんだろう」と話しているという。

 そんな百瀬コーチの存在に注目したのが、レッドソックスのファレル監督だった。2014年11月に行われた日米野球で米国代表を率いたファレル監督は、チームのストレングス・コンディショニングコーチとして同行した百瀬コーチと初めて仕事をし、その実力と才能を目の当たりにし、招聘に動いた。

 記事によれば、ファレル監督は「選手とのコミュニケーション能力は、専門知識や練習に匹敵するもの。コミュニケーション能力こそ、最も重要なものだ。さらに、彼の仕事に対する姿勢や利己主義ではない姿を知ることができた。我々は影響力のある人物を見つけられた。間違いない」と絶賛しているという。

1/2ページ

最終更新:6月8日(水)15時9分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]