ここから本文です

「00ジャパン」ことU-16日本代表 インド・ベトナム遠征で年上相手に4試合12得点

theWORLD(ザ・ワールド) 6月8日(水)19時0分配信

9月にはAFC U-16選手権が開幕する

2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チーム「00ジャパン」がベトナムを代表するクラブチーム、ホアンアイン・ザライのU-18チームと対戦した。

5月下旬からインド・ベトナム遠征を行っているU-16日本代表は6月1日にU-18インド代表と対戦して4-0の勝利、同2日にはU-18ゴア選抜と対戦して3-0で勝利を収めている。その後、6日に行われたU-19ビン・ズオン(ベトナム)戦は1-1の引き分けに終わったが、7日のホアンアイン・ザライ戦ではFW久保建英のゴールなどで4-1と大勝した。

年上相手にも大量得点で勝利を収めたU-16日本代表だが、そのチームの指揮を執る森山佳郎監督はホアンアイン・ザライ戦後、「年上との対戦ばかりで、フィジカル的に勝てなかったり、スピードで入れ替わられたりする場面も度々見られ、4試合で相手に隙を与えず無失点という目標は達成できませんでした」とコメント。4試合で12得点を記録した攻撃面に関しても「今回も破壊力を見せ付けることができました」と話しながらも、「どの試合も20本を超えるシュートチャンスを作り出し、決定的なシーンは多かったですが、ラストの崩しやフィニッシュの精度や威力があればもっと得点差を付けることができたはずです。そこは今後引き続きの課題となりました」と語った。同氏のコメントを日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

00ジャパンは今後、6月下旬に鳥取県で開催されるインターナショナルドリームカップでハンガリー、マリ、メキシコと対戦。9月にはインドで開催されるAFC U-16選手権を戦う。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月8日(水)19時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。