ここから本文です

G村田、猛打賞&バックスクリーン弾に手応え「久しぶりに気持ちよかった」

Full-Count 6月8日(水)21時31分配信

3安打に「積極性が出た」

 巨人の村田修一内野手が8日の敵地・西武戦で猛打賞を放ち、7-5の勝利に貢献した。1点を先制した直後の2回無死一、二塁の場面でセンターへタイムリーを放つと、2点差に迫られた8回にはバックスクリーンへ5号ソロ。この日は4打数3安打2打点の活躍を見せた。

 試合後のヒーローインタビューでは、猛打賞に「全部ファーストストライクだったし、積極性が出た」と話し、好感触を得た様子。5月17日のDeNA戦以来となる5号本塁打には「打った瞬間入ると思った。久しぶりに気持ちがよかった」と振り返った。

 これでチームは連敗を2で止めて交流戦で再び単独首位に浮上。「交流戦前に苦しんだチームでしたけど、いい立て直しができている」とチームの状態にも手応えを口にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月8日(水)21時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報