ここから本文です

[移籍]ドイツ代表MFクラマーがボルシアMGに復帰、シャカの穴埋め完了か

theWORLD(ザ・ワールド) 6月8日(水)23時14分配信

1年で古巣へ

ボルシア・メンヘングラッドバッハがレヴァークーゼンのドイツ代表MFクリストフ・クラマー獲得を発表した。契約は5年で、2021年までとなっている。

かねてより、実現が近いといわれていたクラマーの古巣復帰。同選手は2013年から2015年までボルシアMGでプレイしており、15-16シーズンはユースでプレイしていたレヴァークーゼンへ復帰したものの、結局1年で“古巣”へ帰還することになった。ボルシアMGのマックス・エベールSDも今回の移籍実現を喜んでいるようだ。クラブの公式サイトがコメントを伝えた。

「我々は1年前、クリストフをレヴァークーゼンへ返したが、彼が戻ってくるのを楽しみにしている。彼はチームのことをよくわかっているし、彼の経験や人間性はチームで重要な役割になるのを助けるだろう」

また、独メディアによれば、移籍金は1500万ユーロほどといわれている。ボルシアMG時代は2シーズンで73試合に出場したほどチームで立場を確立していただけに、来季も新加入ながら中心選手になることが期待されるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月8日(水)23時19分

theWORLD(ザ・ワールド)