ここから本文です

西島秀俊、大阪のサプライズ演出に困惑

Lmaga.jp 6月8日(水)22時0分配信

西島秀俊、竹内結子、香川照之ら、豪華キャストが集結したサスペンスホラー映画『クリーピー 偽りの隣人』。その舞台挨拶が8日、大阪市内で行われ、夫婦役の西島秀俊と竹内結子、メガホンをとった黒沢清監督が登壇した。

サプライズ演出に困惑の表情を浮かべる西島秀俊

クリーピーとは「ゾッと身の毛がよだつような」という意味で、西島は「実際に日本であった、いくつかの事件をモチーフにしてるんです。もしかしたら自分にもあるかもしれない、身近な怖さを感じていただけると思います」と、本作を紹介。そして、「よく行く公園で夜、すごく真剣にJポップを歌っている人がいて。(歌ってる曲は)ちょっと古いんですけど、みんなに聴こえる大きな声で、でも、酔ってる感じでもなく(笑)。マジなんですよ!」と、身近なクリーピーなエピソードを披露、会場を湧かせた。

また、大阪のイベントということで名物・たこ焼きが登場。実はこれ、スタッフが仕込んだ「偽り」のたこ焼きで、中身はシュークリーム。何も知らずに食べた3人は口にするや、なんとも困惑した表情を浮かべた。西島は司会者から説明を受けるも「なんでそんなことするんですか(笑)」とコメントするのがやっとだったが、大阪ならではのサプライズ演出に最後は笑顔を見せた。映画は6月18日より公開される。

最終更新:6月8日(水)22時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。