ここから本文です

F1初開催アゼルバイジャン 22人のタイヤ選択。メルセデス勢、戦略分ける

オートスポーツweb 6月8日(水)6時0分配信

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、アゼルバイジャン バクーでの第8戦ヨーロッパGPにおける各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

【関連表】2016年ヨーロッパGP ドライバー別タイヤ選択

 今年はピレリが各グランプリに3種類のドライコンパウンドを選び、週末に使用できるドライタイヤ13セットのうち決勝用に2セット、予選Q3用として1セットのコンパウンドが指定されるものの、残りの10セットに関してはドライバーごとにコンパウンドの割り振りを決めることができる。

 今年、アゼルバイジャンの首都バクーで初めてのF1が第8戦ヨーロッパGPとして開催される。ピレリはこのストリートサーキットにホワイト・ミディアム、イエロー・ソフト、レッド・スーパーソフトの3コンパウンドを持ち込む。

 決勝用に取っておかなければならないのはミディアム1セットとイエロー1セットで、このうち少なくとも1セットは決勝で使用しなければならない。

 予選Q3用に取っておかなければならないタイヤはスーパーソフト1セット。このタイヤはQ3に進出したドライバーはQ3後にピレリに返却、それ以外のドライバーは決勝で使用することができる。

■全チームがスーパーソフト中心の選択

 どのドライバーもスーパーソフトを中心に選んでおり(6~8セット)、ミディアムのセット数が最も少ない(1~2セット)。

 チームメイト同士異なる選択をしたのは、メルセデス、ウイリアムズ、ザウバー、ハース。ルイス・ハミルトンはミディアム1、ソフト4、スーパーソフト8に対して、ニコ・ロズベルグはミディアム2、ソフト3、スーパーソフト8を選んだ。

 上位チームでは、ハミルトンとレッドブルのふたり、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが同じ選択、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンはミディアム1、ソフト5、スーパーソフト7を選んだ。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンはフェラーリと同じ選択をしている。

 ヨーロッパGPは6月17~19日に開催される。
 


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月8日(水)8時12分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]