ここから本文です

フェラーリ、トークン使った新仕様PUをカナダで導入へ

オートスポーツweb 6月8日(水)7時2分配信

 フェラーリがカナダGPでパワーユニットのアップグレードを行う見込みであることが分かった。

2016年モナコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 アップグレード版は主にターボを改善し、トークン2を使用したものと考えられており、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの2台ともが新仕様をカナダで搭載する。

 今回トークン2を使った場合、フェラーリは今季合計28トークンを使用、残りは4トークンとなる。
 フェラーリはここまで、パワーユニットマニュファクチャラー4社の中で最も多くのトークンを使用している。

 ライバルたちの残りトークンは、メルセデスが11、モナコで新仕様を投入したルノーは21、ホンダは14。開幕後に全くトークンを使ったアップグレードを行っていないのはホンダのみとなっている。

 今年、王者メルセデスに挑むことを目標にしているフェラーリだが、スペイン、モナコとレッドブルにも遅れをとった。

 レッドブルのパートナー、ルノーは大きく改善したパワーユニットをモナコで2基(ルノーとレッドブルにそれぞれ1基ずつ)導入。しかしカナダではレッドブルは2台とも新仕様を搭載する見込みだ。

 レッドブルはコンストラクターズ選手権で2位のフェラーリに9点差まで迫っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月8日(水)8時11分

オートスポーツweb