ここから本文です

第1位に冨田勲『月の光』、追悼チャート4週目に突入

Billboard Japan 6月8日(水)14時20分配信

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、第1位に冨田勲『月の光』がチャートイン。これで連続3週のチャートインとなった。5月5日にこの世を去った冨田勲が、1974年にシンセサイザーを用いて制作した名盤だ。

 今週もこの1位の他、1978年ビルボード全米クラシック部門で第1位にチャートインした『惑星』が5位、宮沢賢治の文学作品を題材とし、管弦楽・合唱・VOCALOIDの初音ミクをソリストとして起用した『イーハトーヴ交響曲』が8位、1975年ビルボード・キャッシュボックスの全米クラシックチャートの第1位を獲得した『展覧会の絵』が10位と、4枚同時のチャートインとなり、追悼チャートは4週目へ突入した。没後直後のチャート以降、6枚、7枚、4枚、そして今週の4枚と、アルバム同時チャートインの連続記録を着々と延ばしている。NHKが冨田勲の追悼として5月28日の深夜より関連番組を3本放映するなど、メディアで取り上げられた影響も見られる。

 2位には海上自衛隊東京音楽隊の歌姫、三宅由佳莉の初ベスト・アルバムがチャートインした。映画『アナと雪の女王』より「Let It Go」や、『キューティーハニー』『ベルサイユのばら』主題歌、ミュージカルナンバーから、NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」や東日本大震災を歌った「祈り~ a prayer」など、2013年発売のデビュー・アルバム『祈り~未来への歌声』から、2016年3月発売の『響け!ブラバン・ヒーローズ』までの全アルバムより、人気の楽曲をセレクトしている。

text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位:『月の光』冨田勲
2位:『THE BEST~DEEP BLUE SPIRITS~』海上自衛隊東京音楽隊/三宅由佳莉
3位:『0歳からの育脳クラシック』
4位:『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
5位:『ホルスト:組曲「惑星」』冨田勲
6位:『リヒャルト・ワーグナー:舞台祝祭劇《ニーベルングの指環》』クリスティアン・ティーレマン、エベルハルト・フリードリヒ、バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
6位:『レジェンド』五嶋龍
8位:『イーハトーヴ交響曲』冨田勲
9位:『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番,交響曲第3番&7番,他』ハンス・クナッパーツブッシュ,ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
10位:『展覧会の絵』冨田勲

最終更新:6月8日(水)14時20分

Billboard Japan