ここから本文です

小澤征爾 3か月連続CDリリース! 【小澤フェア】も開催

Billboard Japan 6月8日(水)18時40分配信

 2016年2月に『ラヴェル:歌劇>』で初のグラミー賞を受賞、4月にはベルリン・フィル定期演奏会に7年ぶりの登場を果たすなど、なにかと話題の多い小澤征爾。その“世界の小澤”のCDが3か月連続でリリースされることになり、第1弾である『バルトーク:歌劇>』が6月8日に発売となった。

 『バルトーク:歌劇>』は、2012年に発売が予告されていながら延期になっていた作品で、2011年にサイトウ・キネン・フェスティバル松本で行われた公演の貴重な記録となる。本来は小澤征爾が4公演指揮する予定でありながら、初日と最終日のみの指揮となってしまったが、その2公演はソリストとオーケストラが小澤征爾の渾身の指揮に見事に応えた鬼気迫る名演となった。

そして7月6日には『ベルリオーズ:幻想交響曲』が、8月3日には『ベートーヴェン:交響曲第5番>/モーツァルト:クラリネット協奏曲』がリリースとなる。『ベルリオーズ:幻想交響曲』は、2014年に小澤征爾がフェスティバルのオーケストラ・コンサートに本格復帰した、サイトウ・キネン・フェスティバル松本での公演を録音したもので、『ベートーヴェン:交響曲第5番>/モーツァルト:クラリネット協奏曲』は、2016年の水戸室内管弦楽団第95回定期演奏会で開催された公演の録音で、この公演日直前に他界したティンパニ奏者・ローランド・アルトマンに小澤征爾が捧ぐコンサートとなったこともあり、リリースされるCDはどちらも貴重な記録となる。

また、この3か月連続リリースを記念して【小澤フェア】も開催。これは3枚のCDを買って応募すると、抽選で10名に小澤征爾直筆サイン色紙が当たるもので、さらにCDショップ店頭でもオリジナル・グッズがプレゼントされる。




◎『バルトーク:歌劇>』
2016/06/08 RELEASE
[SHM-CD]UCCD-1431 3,000円+税
サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:小澤征爾
録音:2011年8月 まつもと市民芸術館(ライブ)
歌詞対訳付

◎公演
2016年08月9日~9月9日 セイジ・オザワ松本フェスティバル
2016年08月18日&22日 オーケストラ・コンサート(キッセイ文化ホール)※ブラームスの交響曲第4番を指揮予定
2016年08月28日 セイジ・オザワ松本フェスティバルGig ※ラプソディ・イン・ブルーを指揮予定
2016年10月01日&02日 サントリーホール30周年ガラコンサート ※ウィーン・フィルを指揮予定

最終更新:6月8日(水)18時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。