ここから本文です

劇場で全裸禁止!映画『ハイ・ライズ』異例のマナー映像解禁、平川大輔がナレーション

クランクイン! 6月8日(水)11時0分配信

 映画『マイティ・ソー』のロキ役で人気を博し、現在“ポスト ジェームズ・ボンド”の最有力候補として大注目の俳優トム・ヒドルストン主演の映画『ハイ・ライズ』(8月6日公開)。本作の劇場上映に先駆けて、異例のマナー広告映像が解禁された。

【関連】「トム・ヒドルストン」フォトギャラリー


 本作はありとあらゆる設備が整い、人々の生活の夢を具現化したかのような理想の新築タワーマンション“ハイ・ライズ”が舞台。40階建ての高層マンションで巻き起こる、皮肉な現代社会のヒエラルキーの崩壊。贅沢な毎日を過ごしていたセレブたちが堕落し、じわじわと崩壊していく様子をミステリアスかつアーティスティックな映像美で描いていく。
 
 解禁されたマナー広告映像は本作の設定にちなんで“セレブのためのマンションの入居説明会”というユニークなスタイルで展開。登場するのは、ハイ・ライズに住む3人の男達。理想のライフスタイルを求めてここに引っ越してきたトム演じる医師ラング、ジェレミー・アイアンズ演じるハイ・ライズのコンセプトを考案し最上階に君臨する建築家ロイヤル、そしてルーク・エヴァンス演じる低層階に住むTVディレクターのワイルダー。
 
 彼らのマンション内での様々な言動を切り取りつつ、「場内禁煙」「携帯オフ」「お静かに」といった基本的なものから、「横取り禁止」「全裸禁止」といった映画館では異例のマナー喚起がコミカルに展開されていく。また、トムの吹き替えでおなじみの平川大輔氏がナレーションを担当しており、ハイ・ライズ入居のための心得を教えてくれる。
 
 監督のベン・ウィートリーとプロデューサーのジェレミー・トーマスは、編集許諾のために本映像を観たところとても気に入っているといい、特にトーマスは「この映画は、一見深刻な話と受け止められてしまいがちだけど、実はブラックなユーモアのエッセンスが沢山入っているんだ。このマナー広告はそれをうまく表現しているね!」と絶賛している。

最終更新:6月8日(水)11時0分

クランクイン!