ここから本文です

宮沢りえ、ディズニー映画『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦

クランクイン! 6月8日(水)4時0分配信

 女優の宮沢りえが、ディズニー映画『ジャングル・ブック』(8月11日公開)で実写吹替えに初挑戦することが分かった。宮沢は、人間の子供モーグリをわが子のように育てる愛情深い母親オオカミのラクシャ役に扮して、声で母の強さや愛情を表現している。

【関連】「宮沢りえ」フォトギャラリー


 本作は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげるエンターテイメント巨編。圧倒的な映像美で映し出される力強い生命の物語だ。

 実は、これまで明かされていなかったが、4月中旬に解禁された日本版予告編で、ナレーションを担当しているのも宮沢だった。今回、ディズニーからの実写吹替えオファーに、「ジャングル・ブック!実写化!絶対やる!!なんかもうホップ!ステップ!ジャンプ!くらいな勢いで…。」と快諾したという。

 実際の映像を見た宮沢は、「本当にみずみずしくて、ダイナミックで、とてもリアリティのあるCGでできたジャングルの中の映像や動物たちが、迫力があって美しくて驚きました」と感激し、今作のテーマのひとつでもある“生きる力”についても「わたしの生きていく上での原動力は好奇心と愛ですね」と語っている。

最終更新:6月8日(水)4時0分

クランクイン!